カステラの試作

先日カステラの試作をしました。

木枠を使った本格的なものです。

難しかった!!!

実は現役時代に7年間カステラを焼いていたので、はっきり言って自信はありました。(笑)

とにかく火力が弱い!

この一言に尽きます。まぁ、予想はしていましたがこれほど違うとは想定外でした。

泡切を3回するのですが、業務用オーブンの場合3回目の時点で指を入れられない程熱くなっているのですが、家庭用ではほぼ常温状態でした。

その後、上面に焼き色を付けるのですが、業務用では5分で大丈夫ですが、ここでも13分かかりました。

焼き上がりまで55分~60分が理想ですが、80分掛かって焼き上がりました。

焼成時間を15分程度短縮することが課題ですね。

未だ数回試作を続ける必要がありそうです。

 

 

 

 

10月の和菓子を試作しました。

10月の和菓子を試作しました。

秋も徐々に深まりを見せるころ、栗を使った和菓子です。

煉り切り製の”手毬”と”栗蒸羊羹”。

栗蒸羊羹は竹の皮で包んでいますので、プレゼントにも最適です。

img_0980

竹の皮に包むうえで多少のコツがあるのですが

レッスンに参加された方には丁寧にお伝えしますよ。

素朴さの中にも存在感がありますね。

img_0998

続いて

煉り切り製の手毬

img_0896

可愛いでしょう。

これは見た目以上に簡単ですね。

色付けと包餡に注意をすればですが・・・

練習にはもってこいだと思います。

秋らしい和菓子たちです。

一緒に作りませんか?