和泉中央でのレッスン

午後1時から5月度の和泉中央教室のレッスンでした。

今回は常連のOさんとのマンツーマンレッスンです。

作るお菓子は、葛きり、葛焼き、葛まんじゅうの葛づくしです。

先ず先に葛焼きを作り冷ましておきます。
冷めればカットして表面を焼くので、最初に作る必要があります。

その後葛まんじゅうを作り、最後に葛きりを作るという段取りです。

葛焼きですが、通常は半返しで枠に流して約一時間蒸し、翌日カット、表面を焼いて仕上がりですが、講習4時間では時間不足となるので、今回は本返しで蒸工程を無くしました。
さらに白あんとレモンピューレを加えかすかなレモン味に。

軽い食感とさわやかなレモン味、予想以上に美味しいお菓子に仕上がりました。

次に葛まんじゅうは、菓子職人がする手で包むのは熟練を要するので無理と判断をし、半返しの生地をラップで茶巾に包みそのままお湯に投入、透明感が出たところでお湯から取り出し水の中へ、冷めてからラップを剥がし、桜の葉で巻いて仕上げました。

images

最後に葛きりは本葛を水で溶いて固めるだけなので、非常にシンプルなお菓子です。
良質の本葛の風味と、最高級の波照間産の黒糖を使った黒蜜。
絶妙の喉越しはホント、最高です。

img_0163

このように、和菓子は一寸したコツと押さえどころが解ればお家でも簡単に出来ます。

和菓子スクール【和み庵】では、家庭で出来るようにアレンジをしながら、本当の和菓子の美味しさを味わって頂けるよう、受講生の笑顔が見れるよう研究しています。

皆様のご参加をお待ちしています。