霜柱

霜柱、

浮島と小倉羊羹の流し物。

私の好きな和菓子の一つでもあります。

simobasira

小豆浮島の生地を流し蒸しあげます。

蒸し上がり粗熱をとっている間に、小倉羊羹と淡雪羹の準備をし、

タイミングを合わせて炊き上げます。

淡雪羹と小倉羊羹を同時に炊き上げるのが大きなポイントですね。

冷めた浮島生地に淡雪羹を1ミリ程度に流し、

すぐに固まるので小倉羊羹を規定量まで流し固めます。

冷却後寸法に包丁して出来上がり。

文字に書けば簡単ですが、ポイントが沢山あります。

大切なポイントはレッスンでお伝えします。

アレンジも効くし、年中使えるお菓子です。

食べ口の軽い、本当においしい和菓子です。

染井吉野

最近暖かくなり、春を感じるような日が結構ありますね。

今回は季節を先取りして、桜を作ってみました。

img_0706

基本になる餡を包むのが出来ればあとはかんたんです。

均等に五弁に切り込みを入れるのが一寸注意が必要ですが。

全体のバランスを見ながら細工をすれば大丈夫です。

img_0691

ソメイヨシノの花は一枚一枚見れば、

付根に一部赤い部分がありますがほぼ白色ですね。

一度作ってみてはどうでしょうか?

2月のマンスリーレッスン

2月度レッスンのいちご大福です。

いちご大福はお子様だけではなく、女子の皆さんにも喜ばれる和菓子です。

色々とアドバイスをさせていただきながら、作っています。

お餅そのものは、簡単にできるものから本格的なものまで

いろいろな作り方があります。

今回は、最も簡単な方法での作り方です。

いちご大福自体が日持ちのしないお菓子なので、

簡単な方法で十分だと思います。

いちごのへたを取り、アルコールで殺菌。(あえて水洗いはしません)

少し柔らかめの白餡でいちごを包み、柔らかい求肥で包みます。

3-11yodoyabasi11

ほんのりといちごが透けて、食欲をそそりますね。

ご家族で食べてくださいね。

又、是非リピしてください。

ハサミ菊のレッスン

今日はハサミ菊のレッスンでした。

K様のご希望で、ハサミ菊を作りました。

ハサミ菊は私にとっても作るのは久しぶりです。

和菓子製造1級技能士試験の課題ですね。

img_0683

これはK様の製造風景です。

手に載せている位置が少しおかしいですね。

初めてにしては上手にできていると思いますよ!

こちらは出来上がったものです。

img_0786

きれいに出来ていますね。

普通のお菓子のサイズなので、可愛いですよ!

 

今回久しぶりに作ってみて、

技能士試験を早く受けておいてよかった!

と思いました。

今なら受からないのではと思いましたね。(目が、老眼が(笑))

K様はお家でも作って写真を送ってくれました。

img_0796

細かいことが好きで、根気に自信がある方

一度作りに来ませんか?

いちご大福

みんなが大好き!いちご大福。

粒餡、ミルク餡、白餡等々、色々ありますが、最近は白餡が人気ですね。

いちごも、酸味の強いものや甘いもの色々ですが、この辺りはお好みで・・・

いちご大福はご家庭で簡単に作れますよ!

img_0702
(イチゴを白餡で包んでいます。一つ一つが出来るだけ丸くなるように)

プロは餅生地に餡、いちごと一気に包むのでこの様にはしませんが

皆様はこのようにするのが簡単でしょう。

和菓子作りで一番難しい包餡(餡を包むこと)作業が、

お餅が伸びてくれるので最もし易いですしね。

img_0685

お子様にも簡単にできると思います。

是非今度のお休みに、ご一緒に作ってみては如何ですか?

img_0530-%ef%bc%88%e7%b7%a8%e9%9b%86%e6%b8%88%e3%81%bf%ef%bc%89

餅粉(白玉粉)、砂糖、水を混ぜて、ラップをしてレンジへ。

餅生地もレンジで作るのが簡単で良いと思います。

日持ちがしませんので、その日に食べられるだけにしましょう!

当日食べるので、お餅が固くなる心配もないので。

楽しいのですが、あまり一度に作らないように。

包餡の事

包餡について少し書いてみます。

和菓子作りの敷居が高いと皆さんが仰いますが、

原因がどこにあるのか考えてみました。

私の写真ですが少し解りにくいですね。(左利きです)

o0800106713565324931

受講生様を見ていても、やはり餡を包むのが一番の難関ですね。

ユーチューブを見ていると、

餡の上に生地を被せて重力も利用しながら包んでいる様子が公開されています

が、私は生徒様にはお勧めはしていません。

皮周りに問題があるのと、

煉り切りのぼかし包などには対応が出来ないと考えているからです。

教室では、包み方をお伝えしていますがやはり自分で練習あるのみです。

包み方はお伝えできますが、包むのはあなただからです。

但し私は包餡そのものは難しいものとは思っていません。

普段使う手の動きとは異なる動きなので、

習得するためには多少の練習が欠かせません。

餡を包むことが出来れば、和菓子作りは格段に楽しくなりますよ!

練習をすれば誰でもできるようになります。